RISU算数

【リスクあり】親の教え方がダメだと算数嫌いな子どもになります

更新日:

イライラしすぎて後悔する母親

算数が苦手な母親「コロナによる休校で、1年生の息子の勉強を親が見ました。

でも、私は算数が苦手なのでうまく教えられず、息子も算数が苦手な感じになってしまいました。

塾に行かせず家庭でなんとかするにはどうしたらいいでしょうか?」

 

こういったお悩みに答えます。

 

✅本記事の内容

・【リスクあり】親の教え方がダメだと算数嫌いな子どもになります

・自宅学習のサポートはプロに任せましょう【タブレット学習のススメ】

・算数が苦手な親でも教えられます【東大生が動画でサポート】

 

この記事を書いている私は小1男子と小5女子の母でして、みんなで算数がちょっと苦手です。

 

とくに、小1男子はコロナからの小学校休校により、【親が勉強を教える】というところから学習がスタートしました。

 

だから、小1男子なんかは「算数って嫌いなんだよね。よくわからないよ」となってしまいました。

 

でも、とあるタブレット教材に出会ってから事態はちょっとずつ好転し、

今では1日に20分ほどですが、小1男子は自分から算数を勉強するようになりました。

 

そんな実体験を元に、同じような悩みをかかえている方にむけて書いています。

 

 

【リスクあり】親の教え方がうまくないと算数嫌いな子どもになります

算数が苦手な小1男子と小5女子

 

親の教え方がうまくないと子どもはすぐに算数嫌いになりますが、これは今後の勉強において【大きなリスク】となります。

 

それは算数が【積み重ねの勉強】だからです。

算数って学習内容がそれぞれ独立しているのではなく、1つ前とその次の学習内容がつながっている科目なんですよね。

 

たとえば、「わり算がわからない!」という子は、その前にやった“かけ算”がよくわかっていないことが多いです。

 

【1つできないと、その先の勉強がちっともわからない】という算数のリスクは大きく、

だからこそ、「どう勉強させたらいいか?」ということがとても大切な教科なんです。

 

自宅学習のサポートはプロに任せましょう【タブレット学習のススメ】

親子でRISU算数に算数を教えてもらう

 

結論からいうと、算数に特化したタブレット教材【RISU算数】がオススメです。

 

理由は以下の2つ。

 

・他の教科もあるタブレット教材より、やはり特化型が強い。

・親子のストレスが減るだけでなく、親の時間が増えるメリットもあり。

 

うちの小1男子と小5女子は、2カ月ほど【RISU算数】というタブレット教材を利用しています。

何がすごいって、AIがその子に応じた学習プログラムを立ててくれることです。

 

たとえば、この自動出題の機能がありがたい!

 

・子どもが前にまちがえた問題を、自動的に出題。

・習ったことを忘れてしまう前に、自動的に出題。

 

親にはできないことです。

 

また、【RISU算数】があれば、親がやらなくていいことがあります。

 

・子どもがどこでつまづいているのか、過去のテストなどを見て調べる。

・問題をドリルから探す。

・ネットから問題をプリントアウトする。

・丸つけする。

 

ぜんぶ、タブレットのAIがやってくれます。

 

だから、親がやることは2つだけ。

 

・子どもの近くで見守る。

・わからなかったらヒントなどをもとに一緒に考える。

 

この【RISU算数】を始めてから、算数を教えるときのイライラがぐっと減りました。

そして、親の時間が増えました!

 

関連記事

【RISU算数】の特徴や料金、体験談などを知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

お試しキャンペーンで1週間【RISU算数】タブレットをつかえるクーポンコードもついてますよ。

RISU算数の口コミ・評判【算数が苦手な子こそ向いています】

 

「私は算数が得意で、教えるのもバッチリです!」という方以外は、算数の自宅学習サポートはプロに任せることをオススメします。

 

✅よくある質問

 

とはいえ、子どもがわからないところは親が教えるんですよね。

算数が苦手だから、やっぱり無理そうです…。

 

親子で算数が苦手でも【RISU算数】は大丈夫です。

なぜならば、問題をとく手がかりが3つもあるからです。

 

① 単元ごとにある【解説】

 

こちらは、小数のについての解説。

小数についての解説画像①

小数についての解説画像②

文字やイラスト、図解などをつかってわかりやすく教えてくれます。

 

② 問題ごとにある【ヒント】

こちらが問題。

図形問題の画像

こちらがヒントです。

図形問題のヒント

 

1つの問題に最大2コのヒントがついています。

すべての問題にあるわけではないのですが、すこしむずかしい問題にはついています。

 

③ 必要に応じて届く【東大生の解説動画】

何度か続けて問題をまちがえると、その部分をわかりやすく解説した動画がタブレットに届きます。

その解説を、東大生をはじめとする、あたまのいい学生チューターが教えてくれるのです。

 

文章だけだと想像しづらいので、問題と【東大生動画】を貼り付けます。

 

例えば、これが小学生低学年の問題の1つです。

かけ算の順番をかえるだけで計算がしやすくなる、という練習ですね。

RISU算数・低学年バージョンのサンプル画像

 

もしこの問題ができなくて、何度かまちがえると、以下のような動画がタブレットに届きます。

 

10や100などキリのよい数になるかけ算を見つけることで、よりかんたんにかけ数をとけることが説明されています。

 

文字だけでなく、動画やイラストをつかって説明してくれるのが子どもにはわかりやすいですね。

 

この3つをヒントにして、算数が得意でない私も、子どもの勉強をサポートできています。

 

【特典あり】今だけRISU算数のおためしキャンペーンやってます

RISU算数を始めるイラスト

 

塾は費用が高いし、コロナもあるからやっぱり心配。

家庭教師はうちの子との相性もあるし、コロナ時代なので家に他人が入るのは抵抗がある。

だから、タブレット教材がちょうどいい。

 

こんな感じでわが家の新しい算数勉強は始まりました。

他にも種類があるけど、親子で算数が苦手な我が家には【算数特化型タブレット・RISU算数】がピッタリだったと思います。

 

【RISU算数】に興味がある方は、より詳しい内容や気になる料金、小1男子と小5女子の体験談などをまとめたこちらの記事をどうぞ。

今なら実際にタブレットを自宅でつかえる【1週間おためしキャンペーンのクーポンコード】もついているのでおトクですよ。

 

「善は急げ」ということで、とりあえずサクッとおためししたい方は以下からどうぞ。

 

✅期間限定のお試しキャンペーンについて

 

キャンペーン内容は以下のとおりです。

RISU算数のキャンペーンの図解

メモ

・当サイトからキャンペーンに申し込むと1週間のお試し(1980円)ができます

・体験後に本契約をすれば「お試し料金は無料になる」特典つき。

・クーポンコード「njh07a」でおトクなキャンペーンに参加できます。

・お申込みページはこちらからどうぞ。

 

 

-RISU算数
-

Copyright© にじははブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.