たろすけ にじはは ほっち 子どもとアニメ 育児絵日記

HUGっと!プリキュア最終回

更新日:

とうとうHUGっと!プリキュアが終わってしまいました…。

お母さんだけ大号泣だよ!!

 

 

↓最終回視聴時の、わが家の様子↓

 

 

 

 

母のほうが引きずる始末。

子どもって意外とクールだよね。

切り替えはやっ!!

 

 

 

一年間、見ごたえがあって親子で本当に楽しませてもらいました。

はなの出産にはもう、涙腺崩壊!!

はぐみ!いい名前!!

(旦那様はスーツの色的にジョージさんですか?)

 

出産シーンではたろすけが「がんばって(産んで)くれて、ありがとう」と言ってくれて、

涙腺が決壊しました。

感無量。

本当にありがとうはぐプリ!!

 

 

 

“HUGっと!プリキュア”は色々な社会問題に、

はなや周りの人々が正面から向き合っていたのがよかったです。

はながトラウマを克服した子だからこそ、響きました。

特に感動した回は、2つ。

 

①【はなの担任の男性教師が、父親になる自信がないとはなのお父さんに相談する回】

(父ちゃん肩幅どうした)

お父さん目線の出産回なのが印象的でした。

「不安があってもいい、赤ちゃんとお母さんとみんなで始める」というはな父のアドバイスも良かった。

帝王切開出産をつまづきじゃないと言い切る助産師さんや

あやちゃんという第一子の葛藤まで、心理描写がとても丁寧でした。

なにより、ほっち&たろすけの「おかあさんもこうだったの?」の言葉に泣きました。

3日に及ぶ出産を思い出し、感涙…。

子供向けアニメだからこそ、出産シーンには大きな意義があったと思います。

 

 

②【はなのおばあちゃんの和菓子屋さん回】

これ、個人的に神回だと思いました。

未来が希望にあふれている孫と、老いていく恐怖に向き合う老婆の対比。

体が言うことを聞かず、思うとおりに和菓子が作れないというおばあちゃん。

「年を取るっていやなことだよ」

それがプリキュアによって、「年を取るのもいいもんだ」に変わる。

介護に直面していた自分に響きまくった回でした。

 

 

 

また、登場人物たちの関係性もよかったです。

ハリーとほまれはずっと応援してたよ…!!(泣)

ハリーの「十分がんばっとるヤツに、がんばれ言うのは酷」が深い。

ただがむしゃらに応援するだけではなく、応援による負担も描いていたのが好印象。

 

はなとジョージ・クライの関係性も、「またね」が切ない…。

はぐたんのお父さん…なのかな?

 

アンリの変身には度肝を抜かれましたが、

「なんでもなれる」ってOPで毎回言ってたそういえば(笑)

 

敵キャラが笑顔に変わったのもよかった。

パップル姐さんとゆかいな仲間たち、好き(笑)

 

過去のプリキュアがみんな出てきたのも嬉しかった。

初代の肉弾戦はやっぱりかっこいい!

 

あ、キャラクターデザインも好きだった。

エールはピンクキュアで一番好きなデザインです。可愛い!

まさか、私がこんなにハマるとは思わなかったなぁ(笑)

 

 

 

個人的に“HUGっと!プリキュア”

仕事と家事育児と介護が重なって、しんどかった時の放送というのも

大きかったのかもしれません。

無意識に「フレフレ私、がんばれがんばれオー!」とつぶやいていることも…。

響くものが大きく、思い出深いプリキュアになりました。

 

まさかの社会派アニメだったなぁ…。

育児がテーマのプリキュア。

久々に、好きなシリーズベスト3入りです(笑)

(※ハートキャッチとプリンセスが好きです。初代は別格。)

 

 

あ、「スタートゥインクルプリキュア」の反応は、

ほっち&たろすけ「アイカツっぽい」

でした。

非常にアッサリ(笑)

-たろすけ, にじはは, ほっち, 子どもとアニメ, 育児絵日記
-

Copyright© にじははブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.