ごんた(夫) にじはは 育児絵日記

結婚指輪を修理(サイズ直し)した話

投稿日:

今回は、“記念日を機に結婚指輪の修理(サイズ直し)をした”お話です。

修理の様子や金額を細かくレポしていますので、興味がある方はぜひ♪

 

 

サイズ直しをしようと思ったきっかけマンガ

 

 

大変申し訳ございませんでした!!

 

本当に私は記念日などは覚えられないダメっぷりでして…。

基本的にイベント系は覚えられない脳DEATH!(大和田常務)

ゆず湯は大好きだから冬至は覚えてるのに、本当になぜ…。

 

そんなこんなで、結婚指輪をリサイズしてきました!

指輪のサイズ直し修理レポ

修理をどこに頼むか

結婚指輪を購入した店舗は遠いので除外。

近場でも色んなリフォーム店があり、どこに修理を頼むのがいいか悩みました。

 

結局「デパートのアクセサリーリフォームコーナーなら間違いないだろう」

そこに修理を依頼しました。

 

修理時の確認事項とお値段

まず内側と外側の写真を撮り、現在の指輪の状態を確認。

短期間しかはめていなかったにも関わらず、けっこう傷がありました💧

 

その後カウンターできれいなお姉さんによる怒涛の確認。プロすごい!

・指輪を作った当時のサイズと現在のサイズ(覚えてないので調べてもらって泣いた)

・指輪の素材(プラチナやダイヤなど)

・内側にある石や刻印の文字の確認

・石のくもりや欠け、種類の確認

・納期と金額

 

これらを確認してもらい、マンガにある通り

基本料金6000円+石の留め直し5100円+印字打ち直し600円

⇒合計12870円(税込み)

でした。

 

プラチナの種類

私は知らなかったんですが、一口にプラチナと言っても

・プラチナの純度(pt900~pt950が人気)

・ハードプラチナ

など色々あるんですね。

 

そして指輪の内側に純度が刻印されているんですね!

私の場合は《pt900》と刻印がありました。

ご興味があったら見てみるのも面白いかも♪

※純度によって料金も変わるとのこと。

 

文字の打ち直し

私の場合

・3サイズもUP(泣)

・指輪のダイヤのデザインが、横長で外周の半分近くを占めている

上記2点から、

指輪本体を切ってプラチナを足すと、内側の文字が半分くらいに消える事に。

フォントを統一するため、文字をすべて打刻し直す必要があり600円かかるけどよいか聞かれたので、了承しました。

 

石の留め直し

指輪のサイズを直した際に、石を留めている“爪”がゆるくなり、石が取れやすくなることがあります。

そのため、修理時に取れてしまいそうな石は留め直しをする必要があります。

それが《石の留め直し》です。

 

私の場合、事前に

「修理してみないとわからないのですが、留め直し料金が最大で14000円かかるかもしれませんがよろしいですか?」と聞かれました。

留め直しする個数によってお値段が変わるのですが、結果5000円で済んでよかったです。

 

結婚指輪のサイズ直し・お値段のポイント

一般的な結婚指輪のサイズ直しの相場は、

『基本料金3000円~5000円前後』

『1号サイズアップごとに+1000円前後~』

といわれているそうです。

※デザインや素材(プラチナ・ゴールド・シルバー等)により変わります。

 

値段が変わる要因としては、

①どれくらいサイズアップするのか

②石留めが必要かどうか

③印字や彫刻などのデザインを入れ直すかどうか

この3点が重要だと思います。

 

最初に修理を頼む段階で明確にしておくと、お値段も納得できるかなと思います。

 

まとめ

仕事柄付けられなかったし、日々育児などに追われ精一杯でそれどころではなく。

完全に存在を忘れていた結婚指輪。

育児歴11年目になり下の子が小学校に入学したことで、少しだけ心の余裕が生まれて思い出したので、思い切ってサイズ直しの修理をしました。

 

実際久々に手に付けると、いいものですね✨

ごんたと一緒に迷いながら買った記憶が鮮明によみがえり、嬉しくなりました。

久々すぎる登場ですが、初心忘れず大事にしていきたいです☺

結婚お付き合い記念日をケーキでお祝いしました♪

-ごんた(夫), にじはは, 育児絵日記

Copyright© にじははブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.