RISU算数

【画像で解説】RISU算数(リス算数)の1週間お試しキャンペーンの簡単まとめ

更新日:

スタートの道しるべ

 

RISU算数のお試しができるか知りたい母親「RISU算数を“お試し”することはできるの?

お試しができるなら、その感想とか、申し込みの手順なんかもサクッと教えてほしいです。

とはいえ、本当に算数ができるようになるのかやっぱり心配…。うちの子でも大丈夫かな?」

 

こういった疑問に答えます。

 

✅本記事の内容

・【画像で解説】RISU算数の1週間お試しキャンペーンの簡単まとめ

・RISU算数お試しキャンペーンの体験談【小1男子と小5女子の場合】

・子どもが1人で勉強できるまでの手順【RISU算数は親の仕事を減らしてくれます】

 

この記事を書いている私は、小1男子と小5女子の母です。

親子で算数が苦手ですが、子どもたちと一緒に【RISU算数】に挑戦して2カ月たちました。

 

「【RISU算数】ってどんな感じなのなの?気になるけど、よくわからないです」

「できれば子どもだけで勉強できたらうれしいんだけど…」という方に向けて、実体験をもとに記事を書いています。

 

 

【画像で解説】RISU算数の1週間お試しキャンペーンのかんたんまとめ

黒板にまとめと書いている画像

 

RISU算数をお試しすることはできるのか?

 

結論からいうと、できます!

 

「1週間のお試しキャンペーン」というものがあり、ポイントは以下のとおりです。

 

・キャンペーン参加にはクーポンコードが必要。

本記事からコード取得&申し込みが可能。

・料金は1980円(税別)→本契約すれば無料

 

「えっ、お金かかるの?」って思いますよね。

これは、お試しをして「やっぱり入会しません」という方のみにかかる料金です。

わかりやすくイラストにすると、こんな感じです。

 

RISU算数のキャンペーンの図解

 

「【RISU算数】が気に入ったから続けよう!」という方は、1週間のお試し期間が無料になるということです。

 

申し込みからお試し終了までの流れ

 

では、申し込みからお試し終了までのスケジュールを、ざっとお伝えします。

(すぐに体験の口コミを見たい方はこちらからジャンプできます)

 

・ネットで申し込み

・タブレット発送

・タブレット到着(申し込みから2~4日後)

・1週間のお試し

・“返却or契約”をメールする

→返却(着払いで郵送)

→契約(タブレット学習の継続)

 

カレンダーにするとこんな感じです。

 

RISU算数キャンペーンの全体の流れ

 

ここで確認すべきことは以下のとおり。

 

・発送は【申し込み当日~翌々営業日】にされる。

・発送日から3日はお試し期間にカウントされない。

・RISUからのメールに【発送日】と【お試しの期限】が書いてある。

 

わが家は発送の2日後にタブレットが届きました。

ですので、お試し期間にカウントされない日が1日あり、合計で8日間のお試し期間となりました。

(なんかうれしいボーナスdayですよね!)

 

次に、申し込みの流れを、3枚の画像でご紹介します。

 

【画像で説明】申し込みの手順

 

✅申し込みサイト(TOP画像)

RISU算数キャンペーンTOP画像

申し込みにはクーポンコードが必要なのでメモしておいてください。

 

✅申し込みフォーム

RISU算数キャンペーン申し込みフォーム①

RISU算数キャンペーン申し込みフォーム②

 

申し込みはクレジットカードのみです。

お試し後に【返却】を希望した場合のみ、1980円(税別)が引き落とされます。

“申し込みしたらすぐに引き落とし”ではないので、ご安心下さい。

 

✅確認画面 → 申し込み → 終了

 

以上の流れで、数日後にはあなたのところに【RISU算数】のタブレットが届きます。

 

最後に、【返品】を選んだときの流れをまとめておきます。

 

【簡単】返品の手順まとめ

 

「やっぱり返品したいな」と思ったら、手順は以下の2つだけです。

 

・お試し期間内に【RISU Japan】にメールで知らせる。

・指定された住所に、タブレットを着払いで送る。

 

メールは、タブレットを発送されたときに届く【RISU Japan】からのメールに返信すればOKです。

 

この際、注意したいことがあります。

 

お試し期間内を過ぎると、タブレットの【1年契約】が決定するので注意!

・返品は、お試し期間が終わってから1週間以内に届くようにする。

・タブレットが入っていた箱を再利用すると返品が楽なので、箱は取っておく。

・タブレットの体験料金として、1980円(税込みで2178円)が後日引き落とされる。

 

気になることや心配なことがあれば電話やメールで【RISU Japan】に確認することができます。

 

ここは料金が関わってくるので、ちょっとしたことでもしっかりと確認することをオススメします。

 

連絡先はこちらです。

▼お問い合わせ全般
support@risu-japan.com

▼新規お申し込み専用ダイヤル
0120-84-1031 (土日祝除く 10:00~19:00)

 

【人数限定】クーポンコード付きのお申込みはこちら

 

RISU算数のキャンペーンの図解

 

メモ

ポイント

・当サイトからキャンペーンに申し込むと1週間のお試し(1980円)ができます

・体験後に本契約をすれば「お試し料金は無料になる」特典つき

・クーポンコード「njh07a」でお得なキャンペーンに参加できます

・お申込みページはこちらからどうぞ

 

RISU算数お試しキャンペーンの体験談【小1男子と小5女子の場合】

小1男子と小5女子のプロフィール画像

わが家に【RISU算数】のタブレットが届いたとき、子どもたちは大喜びでした。

 

大人がPCやスマホなどをつかっているのがうらやましく見えており、“自分のタブレット” を持てることが“スゴイこと”と感じるからです。(それが算数でも)

 

だから、最初の1週間は、まるでゲームをやるかのように、自分からすすんでタブレットを手に取っていました。

 

ちなみに、学習において、子どもたちはこんなタイプです。

小1男子:「学校の話はしたくない!」と、勉強どころか学校であったことを話すのもイヤなタイプ。

小5女子:算数を教えると、わからなくてすぐにイライラするタイプ。

:そんな2人にハラハラしたりイライラしたりして振り回されるタイプ…。

 

だから、いくらタブレットが目新しいといっても、喜んで勉強している子どもたちの姿に本当に驚きました。

 

「おーい、今までとだいぶ様子がちがうじゃないか~!」という驚きと、

「なんだか楽しそうにピコピコやってるな~!」というひがみと、

「今までの私のがんばりはなんだったんだ~!」というイラだちをぐっとおさえて、

「あぁ、RISUさま、ありがとうございます(涙)」と母は思いました。

 

とはいえ、デメリットもありますよね?

 

もちろんデメリットもあります。

 

・ペンが書きにくい

・図形などの表示が小さくて、子どもにはやりづらいものがある

・料金体系がわかりづらい

 

ペンについては、他の方々も体験記事で書かれていますね。

まぁ、ペン先がまるっこいのがいけないのかなと。

RISU算数のペン

 

でも、とりあえず子どもたちはそれでやれてますし、最悪、指でも書けたりします。

(むしろ、私は指の方が書きやすいです)

RISU算数のタブレットを指で書いている画像

 

図形が小さいというのは、コレです。

これ、1年生の問題ですよ。

うちの子は、この丸ペンでメモリの数を書き込むことはできませんでした。

RISU算数の図形は小さいことがあるのがわかる写真

 

とはいえ、ほんとに一部の問題だけですから、個人的には「しかたないなぁ」くらいの印象です。

 

基本的には、いい問題が多いと思います。

下の写真のように、イラストをつかった問題とかって、家庭では用意できないですしね。

RISU算数の問題はイラストもありわかりやすいのがわかる画像

 

問題はやっぱり複雑な料金体系ですね。

 

【RISU算数】の料金の詳細はこちらの記事で解説していますが、ポイントは以下の3点です。

 

・基本料金 + 追加料金(月の勉強量に応じて)

・月の最低料金は2480円

・月の最高料金は11460円

 

図にすると、こんな感じです。

RISU算数の月額料金の図解

 

月額が変動するのと、最大1万円ちょっとになるのをどう考えるのか、だと思います。

 

わが家では、【RISU算数】はうちの子に合った問題を出してくれるし、

子どもが自分の力で勉強できる仕組み(ヒントや動画)があるし、丸付けまでしてくれるし、

 

「塾に行くより高くないからOK」と考えて、本契約をしました。

 

ここは、ご家庭によって考え方が変わるところですね。

 

子どもが1人で勉強できるまでの手順【RISU算数は親の仕事を減らします】

1年生から2年生の算数へステップアップするイラスト

 

なんかよさそうかもって思うけど、うちの子ができるかは別の話ですよね。

向き不向きもあるだろし、ちゃんとできるか心配です。

 

そうですよね。

教材との相性もあるだろし、不安になってしまいますよね。

 

1カ月後になるとやらなくなってくる

 

うちの場合でいうと、

タブレットフィーバーは1カ月で終わり、

2カ月目くらいから【RISU算数】をやる回数が減ってしまいました。(特に小1男子)

 

えー、やっぱり。

じゃあ、ダメなんじゃない?

 

いやぁ、これは完全に親である私の失敗でした。

子どもが1人でやってるから「やったー」と思って親は別のことをしていたのですが、それが間違いでした。

 

子どもは問題を理解しきれずに進めていたようで、わからない問題が増えてしまい、結局イヤになってやらないという流れに。

 

1人でできるようになるまで、ちゃんと側で見守るべきでした。

 

そうなんですね。

子どもだけで勉強やるのはやっぱり無理なんですね。(がっかり)

 

できる子はいるかもですが、うちの子(小1男子)は残念ながらちがいました。

 

ただ、5年女子の姉は基本1人でやっています。

それを見ると、足し算・引き算のような、算数の基本的なやりかたや考え方がわかっていれば、

RISU算数の特徴である“ヒントや解説動画などのサポート”をつかって勉強できるんだと思います。

 

【結論】”向き不向き”より“算数に慣れているかどうか”が大きい

 

だから、【RISU算数】をやってしばらくは、親の手伝いが必要です。

具体的にいえば以下のとおり。

 

✅子どもが1人で勉強できるまでの手順

① 子どもが【RISU算数】をやるときは親が側にいる

② わからないところは【RISU算数】のサポート機能をつかって親子で考える

③ 親の向き合い方を【教える→ヒントを出す】に少しずつシフトする

④ 子どもが「できるぞ」「たのしいな」と感じてくるまで①~③を続ける

⑤ 子どもの側から離れ、何かあれば声をかけられる距離でそっと見守る

*算数に特化した【RISU算数】のサポート機能をわかりやすく説明した記事があります。気になる方はこちらからどうぞ。

 

「1人でできるようになるまでどのくらいかかるのか?」は個人差が大きいのでなんとも言えません。

ただ、大事なのは子どもの中に「自信」「楽しさ」を根付かせることだと思います。

 

でも、それじゃあ普通の勉強と変わらなくないですか?わざわざ【RISU算数】やらなくても…。

 

確かに“子どもの勉強を親が見る”というのは同じですよね。

でも【RISU算数】は親がやることを“たった1つ”にしてくれるんですよ。

 

【RISU算数】が親の代わりにやってくれること

 

・その子に合った問題えらび

・前にまちがえた問題を自動で出題(苦手を克服)

・前にやった問題を忘れたころに自動で出題(記憶の定着)

・繰り返しまちがえた部分の解説動画を送る

・丸つけ

 

親がやるたった1つのこと

 

・子どもの側に座って、わからないところがあったらヒントを出す

 

やることはただ1つ。

だから私も心の余裕をもって向き合えます。

 

毎日10分から20分、問題数は5問でも10問でもいいと思います。

まずは、子どもと一緒に“小さく始める”ことが大事ですね。

 

正直言えば、はやく1人で勉強できるようになってほしいです。

でも、まずは子どもが「算数できるよ」「できるって楽しい」と思えることが大切ですよね。

だから、できるかぎり毎日、20分くらいは子どものためにつかおうと思っています。

 

まとめ

笑顔のイラスト

 

ポイント

① 【RISU算数】はお試しキャンペーンがある

② 子どもが勉強に慣れるまでは親が子どもの側で見守る必要あり

③ タブレットを開けば子どもに最適な問題が出るので、親は楽だし、時間が増える

 

「うちの子、算数が苦手で今から心配…」

「塾や家庭教師は相性もあるし、今はコロナがあるから選べない」

 

こんなお悩みがあるならば、

ぜひ1度、算数に特化したタブレット教材【RISU算数】をお試しすることをオススメします。

わが家では、親の見えるところで、子どもが自分のペースで勉強できるので、とっても安心しています。

 

下に、クーポンコード付きの申し込みリンクを貼っておきますので、よろしければどうぞ。

 

【関連記事】

RISU算数の口コミ・評判【算数が苦手な子こそ向いてます】

(親子で算数が苦手でも大丈夫な理由や、複雑だけど実はコスパのいい料金について、まとめています)

 

✅【人数限定】クーポンコード付きのお申込みはこちらからどうぞ

RISU算数のキャンペーンの図解

メモ

ポイント

・当サイトからキャンペーンに申し込むと1週間のお試し(1980円)ができます

・体験後に本契約をすれば「お試し料金は無料になる」特典つき

・クーポンコード「njh07a」でお得なキャンペーンに参加できます

・お申込みページはこちらからどうぞ

 

 

-RISU算数
-

Copyright© にじははブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.